ドナルド・キーンさんは、東京都北区の「霜降銀座商店街」をよく散策。

日本文学研究者のドナルド・キーンさんは、日本と日本文学をこよなく愛し、谷崎潤一郎三島由紀夫をはじめとした日本文学史を彩る作家との交流で知られるが、普段は東京都内にある自宅近くの商店街を散策し、地元の人たちにも親しまれていた。

 JR駒込駅から徒歩5分ほどの場所にある「霜降(しもふり)銀座商店街」(北区)。自宅からほど近く、精肉店や豆腐販売店など親しみやすい店が並ぶ商店街に、キーンさんはよく足を運んでいた。

キーンさん死去 地元で愛され、好物は揚げ出し豆腐 - 産経ニュース (sankei.com)

 

日本文学を世界に広く紹介してくださった

ドナルド・キーンさんは、

JR駒込駅近くの商店街でよく散策し、

買い物をしていたそうです。

 

もしもドナルド・キーンさんが

まだ生きておられ、

光GENJIの大沢くんが

北区区長になっていたら、

区長とキーンさんの

スペシャル北区対談

があったことでしょう。

 

ドナルド・キーンさんは、

紫式部の『光源氏』が

きっかけで

日本文学に関心を持ったそうですので。